体にとって素晴らしい効能を発揮するブルーベリー

下げる成分

食物繊維を多く含む食品がおすすめです

コレステロールが高いと様々な病気を引き起こしてしまいます。生活習慣病などにより引き起こされることが多くなります。 高脂血症として静かに進行して、多くの病気を引き起こしてしまいます。 動脈硬化や狭心症や心筋梗塞や脳梗塞などが起こりやすくなります。 そのため栄養成分の働きからコレステロールを下げる努力をしなければなりません。 水溶性の食物繊維などは、コレステロールを便と一緒に排泄してくれる働きがあります。そのためコレステロール値を下げることに繋がります。 リンゴやオクラやごぼうやこんにゃくやバナナなどにたくさん含まれていますので、積極的に摂取すると良いでしょう。 IPAやDHAを多く含む青背の魚のアジやイワシやサンマなどもコレステロール値を下げる働きがあります。

食事と運動で予防することが可能です

コレステロール値が高い方は成人している方だけに限りません。低年齢の段階から生活習慣病の恐れがある方が多くなっています。豊かになった食生活や運動不足などを改善していく必要があります。内臓肉や魚卵などは高コレステロールの食品になります。また糖質の多い食品なども控えると良いです。野菜と果物と魚を中心とした食生活をすることによりコレステロール値は下げることが可能です。 運動は有酸素運動をすることが効果的となります。最低でも15分以上は続けて運動するようにします。そうすることで脂肪を燃焼させやすくなります。 恐ろしい病気を引き起こさないためにも、日頃の少しの心がけがとても重要になります。 こコレステロール値が高い食品をしっかり覚えて控えるようにするべきです。